タグ別アーカイブ: guno-murisoku-and

利息無しで180日間借りれるローン?

お金を借りてみたいけれど返済が心配。。

と、いう方に是非、知ってほしいのが無利息ローンです。

無利息ローンとは、その名のとおり一定期間、利息0円でお金を借りることができるローンになります!
期間内に返済すれば、借りた金額と同じ額を返済すればOKですので大変お得です。

現在、無利息期間サービスを実施しているwebから申し込みができるローンは下記の5つです。

【30日間無利息】
プロミス 実質年率:4.5%~17.8%
(30日間無利息サービスあり!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です))
(※即日融資対応

アイフル 年利:4.5%~18.0%
(30日間無利息サービスあり!)
※最短30分審査・即日融資対応

アコム 年利:3.0~18.0%
(30日間無利息サービスあり!)
※最短1時間融資対応

【180日間無利息】
レイクALSA 年利4.5%~18.0%、限度額1万円~500万円
(5万円まで180日間無利息か、借入額全額60日間無利息を選べます)
(無利息は下記に当てはまる方。
・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
・ご契約額200万円までの方
・60日間無利息はWeb申込限定
・ご契約額が200万円超の場合30日間無利息
・初回契約翌日から無利息
・無利息期間経過後は通常金利適用。
・30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可 )

●極度額/1万円~500万円
●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%
●遅延損害金(年率)20.0%
●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
●返済期間・回数/最長8年・最大96回
●担保・保証人/不要
●要審査

お薦めしたい無利息期間があるキャッシング先は、プロミスです!

プロミスが、お薦めの理由は、無利息期間があるキャッシング先でも上限金利が低いという点です。

プロミスの上限金利は17.8%、下限金利も4.5%となっており、どちらも無利息期間があるキャッシング先でも金利が低い設定となっています。

そのため、利息を少なくしたい!とお考えの方であれば、プロミスを選んで間違いありません!

さらに、プロミス「瞬フリ」と呼ばれる「三井住友銀行orジャパンネット銀行をお持ちであれば、24時間振込可能のサービス」を行っており、平日でも土日祝日でも、22時までに契約完了することで、24時間振込可能となっている点も魅力的です!

>>プロミスの申込はコチラ

なお、無利息期間のあるなしにこだわらず全てのローンの中で当サイトがもっともお薦めしているローンは、みずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローンを最もお薦めする理由はカードローンの中でも金利が低く、限度額が大きいためです。

みずほ銀行カードローン金利は年2.0%~14.0%になっており、最大ご利用限度額 800万円となっておりプロミスアコムと比較してみても低金利かつ融資契約枠も大きく魅力的です。

そのため10万円以上の借入を考えており、お急ぎではない場合は冒頭でお薦めしたプロミスよりもみずほ銀行カードローン等の銀行カードローンをオススメします。

>>みずほ銀行カードローンの申し込みはコチラ(※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。 引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)

mizuho_07_68x60.gif

ここからは、webから申し込みができる銀行カードローン、信販会社、消費者金融の金利を比較します。

融資利率で比較

↓下記は各カードローンを形態別に分け、下限金利が低い順に並べたものです。

【消費者金融】
プロミス実質年率:4.5%~17.8%
(30日間無利息サービスあり!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です))
アイフル年利:4.5%~18.0%(※即日融資対応(※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。))
アコム年利:3.0~18.0%(※最短1時間融資対応
SMBCモビット 年利:3.0%~18.0%(※即日融資対応)(*「14:50」までの振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有)

【銀行】
楽天銀行スーパーローン年利:1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン・・・年2.0%~14.0%

468x60_2_01.gif

↑上記を参考にしてカードローンの上限金利を比較すると銀行が14.0~15.0%、消費者金融が18.0%のところが多く、ほぼ横並びになってしまいます。が、下限金利を比較すると楽天銀行スーパーローン1.9%となっています。

もしあなたが「なるべく高い確率で融資を受けたい!」
と、お考えであればどこか1社だけに申し込みを絞らず銀行系からはみずほ銀行カードローン、消費者金融系からは「アコム」というように各カテゴリ別にそれぞれ1社ずつ申し込んでみるのがより確実に融資を受けることができるコツであるといわれています。